アルブチンの秘められた効果について


あなたが化粧品を美しさ成分から選びたいとき、始めてください。
おなじみの成分から辛い新しい材料まで、#Cosmetology成分辞典で、深く、そして、首尾よく、正しい知識を学びましょう。
ここで、「Arbutin」の特徴と機能の小さい説明。

アラタ・トモヒサ
内科/皮膚科医

アラタ・トモヒサ
先生(内科/皮膚科学)、日本内科学会のメンバー、日本糖尿病財団のメンバー、日本皮膚科学会のメンバー、老化防止の医療の日本協会のメンバー。
彼女は、東京出身の女性の医科大学の卒業生です。
同じ大学病院の内科で働いた後に、彼女は皮膚科に移りました。
彼女は、「皮膚(それは体で最も大きな器官です)を健康にしておくことは、健康を保つことに至ります」ために、出演だけでなく心の生活の質(QOL)も改善するために礼儀正しくて、方針の味方です。
健康診断において人気がある。
現在東京のクリニックで働く間、彼女は雑誌(例えばMaquia、ウェブ・メディアと美しさと健康のために正確な情報を広めるテレビ)のような多くの教育的な活動に携わっています。
2004個は、36番目に、日本を半それます。
彼女のYouTubeとインスタグラム放送も、人気があります。
彼女は、多くの本を書きました。
彼女の最新号は、YouTubeの上に持ち出される話題に集中して、「アラタ・トモヒサ・チャンネル」(Asukashinsha)(それは彼女の申し分ない知識と最新の情報を取り入れます)です。

パルフェットNAセラム 口コミについて書いているサイトがこちら
シミに効果アリともっぱら噂です

白くなっている成分「Arbutin」は、白くなっている影響を本当に持っていますか?
あなたが白い皮膚を手に入れることが正しくそれであるということを知っているために必要とするkihonを白くして、そのarbutinは、汚れを落すことができません?
arbutinの白くなっている影響のわかりやすい説明

Arbutinは活性白くなっている成分です、しかし、それは傷を除きません。
一部の人は驚くかもしれません、しかし、厚生労働省によって定義されて「活性成分を白くする」ほとんどは「メラニンの生産を抑えて、点とそばかすを防いでいます」。
それが白くなっている活性成分であるから、「傷を取り除く」ことは決定されません。

考えたあなた、「そして、あなたはarbutinで白い皮膚を手に入れることができません…」! それは、失望するのが速いです。
Arbutinは、確かに、厚生労働省の承認を得る白くなっている活性成分です。
日焼けが不注意にある時だけ、あなたはその白くなっている影響を成し遂げることができるでしょう!

たとえば、たとえ日焼け止めを塗るとしても、あなたは若干の残りが左側にそれにある、または、それが汗のために逃げるので、日焼けしているようになるかもしれません。
ArbutinはUV光線を浴びた皮膚の上で点の形成を妨げることに取り組むので、点の形成を妨げることができます。

紫外線は、雨で寒い冬の日に輝いています。
Arbutinは、皮膚を年齢点から保護する非常に信頼できる白くなっている活性成分です。

編集局から、Arbutinが1989年に活性成分を白くしている医薬部外品として承認される標準と不活性の白くなっている成分であるとコメントします。
ヒドロキノン(それは着色除去成分として人気があります)は皮膚を非常に刺激します、しかし、arbutinが穏やかで、敏感肌に関して使われることができます。
取引高を進めて、暗い発疹を明るくするためにメラニンを除去する成分を白くしている他があるので、arbutinを成分を白くしている他と結合することはより効果的です。

我々は美しさにおいて興味を起こす人々(例えば医者によって答えられるMAQUIA当局者ブロガーと美しさライター)から更なるQ&Aも掲示するので、それは美しさ成分についてより多くを知っていたい人々のために推薦されます。

目次[開く]「Arbutin」は暗い点を防ぐその力を示します、そして、退屈さは皮膚取引高を進めます!
歴史の白くなっている活性成分「Arbutin」「Arbutin」が暗闇を防ぐその力が見つけることを証明する「Arbutin」≫を含んでいる化粧品と退屈さ「Arbutin」は、ヒドロキノンとブドウ糖を化合させることによって得られるヒドロキノン誘導体です。
それは、β-arbutinまたはヒドロキノン誘導体とも呼ばれています。
チロシナーゼという酵素はメラニンの生産のためにチロシンと結合する必要があります、そして、「arbutin」にはこの装丁を妨げるために機能があります。
「Arbutin」はヒドロキノンの分子構造の修正です、しかし、ヒドロキノンはすでに作られた点と染色を薄くする強力な影響を持っています、そして、「arbutin」は将来形成されるメラニンを防ぐことに取り組みます。

Arbutin
* イメージ図

皮膚取引高を進めます!
「Arbutin」がそうである「Arbutin」を含んでいる化粧品、成分は例えば植物の葉の中にマンザニタとコケモモを含んで、1989年に承認される活性成分を白くしている医薬部外品です。
そのうえ、それが肝臓点を改善して、染色を抑えるというレポートがあります、そして、肝臓点と点で苦しむことは人々のための推奨の成分の1つです。

ヒドロキノンよりとても有毒でないので、それは市場に出ている化粧品に取り込まれて、拾うのが簡単であることという長所があります。
そのうえ、暗い点と退屈さを改善するためにそれを欠くことのできない成分の1つにして、α-arbutin(それが医薬部外品の代わりに化粧品で使われます)という成分には開発されて、より多くのオプションがあります、そして、透明度のために、気にかけてください。

Arbutin
* イメージ図

「Arbutin」は、ヒドロキノンのような危険ですか?
「Arbutin」が10年以上の間使われました、そして、それはほとんど皮膚刺激によるとても安全な申し分ない成分または化粧品に含まれる集中のアレルギーでありません。
ヒドロキノン誘導体であるが、それにはヒドロキノンのような皮膚刺激の危険性がありません。

医者が答える≫美容学成分Q&A!
「私は、arbutinについてここで知っていたいです」という我々がアラタ・トモリ博士に尋ねた美しさにおいて強い関心で人々に求められた「arbutin」についての質問についての申し分ない成分、医者。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。